Blog Detail

  • Home
  • 断食ダイエットプログラムをやってわかったメリット・デメリット

断食ダイエットプログラムをやってわかったメリット・デメリット

MISATO

断食ダイエットプログラムのメリット・デメリットが知りたい!という疑問に、私の実体験からお答えしていきます。

 

断食ダイエットのメリット

断食ダイエットのメリット

単純に「食べない」と言う断食なら特別な道具も必要ないので、体調さえ問題なければ思い立ったらすぐに実行できます。

固形物を食べないため、胃腸などの消化器官が休まります。

私の場合ですが、空腹の状態で冷たい水を飲むと冷感(?)が大腸に届くのか、便通がよくなりました。

お腹が空くことで頭や目が冴えて、感覚が研ぎ澄まされると言うか、そんな体感もありました。

お腹に固形物が入らないので体が軽く感じるし、物理的にお腹も膨れません(笑)。

自分の食事を用意する必要もないから、その分の食費や光熱費などの生活費が浮くし、手間も省けるから空腹さえ我慢できればある意味で時短・節約生活できます(笑)。

 

断食ダイエットのデメリット

断食ダイエットのデメリット

まず不健康です。人間に限らず生き物はみな必要な栄養素を摂取しなければ生命を維持できません。

それにもかかわらず、例え一時的でも必要な栄養素を摂らないのは、お世辞にも健康的とは言えません。

「食べ過ぎて胃が重い」「食べ過ぎて胸焼けする」「胃がむかむかする」のであれば、断食ダイエットは逆に体にいいのかもしれませんが、ダイエット目的での断食は正直どうかと…。

水分は取れるので脱水症状になることはそんなにはないと思いますが、問題は夏場…。

熱中症につながりかねないので、できれば夏場は辞めた方ががいいかもしれません。

 

断食ダイエットプログラムを終えた後の数日間は、食事にはかなり気を使わなければいけないのも面倒だし、ストレスでした。

完全に休まっている状態の胃腸に普段通りの食事を入れたら、胃腸が驚いて腹痛や下痢、消化不良を起こすこともあります。

なので終了後は重湯から再開して、徐々にお粥などに切り替えて固形物の量を増やし、体を普段の食事内容を思い出させる必要があります。

最低でも3~4日ぐらいはそういう病人食のようなものを食べた方がいいと思います、その方が折角減った体重が元に戻ってしまう、所謂リバウンドも防げると思いますし…。

また家族と暮らしている人は色々と気を使わせてしまったり、心配させるシーンが多くなります。

今まで1日3食きちんと食べていたのに完全な断食…、「バカなことはやめなさい」「体を壊したらどうするんだ」と言われるかもしれません。

断食ダイエットプログラムをするにはその辺を説得して理解してもらうしかないのですが、家族と一緒に住んでいる上に干渉されるのが大嫌いな人にはかなりストレスフルなダイエット方法だと思います。

 

まとめ

MISATO

断食ダイエットを自己流で実践すると、デメリットがとても多くかなり危険です。

少しでも安心してとり組むためには、私が実践した「断食ダイエットプログラム」などの利用がおすすめ。

ぜひこちらをチェックしてみてください。

断食ダイエットプログラムの人気おすすめランキング7選

 

 

Write a comment