Blog Detail

  • Home
  • 断食ダイエットプログラム中の筋トレに関する注意事項

断食ダイエットプログラム中の筋トレに関する注意事項

こんにちは断食ダイエット実践者のMISATOです。今回は「断食ダイエットプログラム中はどんな筋トレがおすすめ?」の疑問解消になるよう詳しい情報をご紹介します。

断食ダイエットプログラム時の筋トレと聞くと、気になることとしては、断食中に運動をしても大丈夫なのかという不安要素です。

確かに固形物を摂取しない断食は「いつもよりエネルギーが不足している状態」ですから、筋トレができる気分にならない可能性も少なくないでしょう。

ですが断食ダイエット中だからこそ、やり方次第で身体にとってメリットもたくさんあります。

 

もちろん筋トレをするのなら体力や栄養もいつもにまして不足していますから、空腹のときにハードなトレーニングをしてしまうと休めさせたいはずの内臓にダメージを受けやすくなります。

筋肉を動かすパワー不足になるので、負荷のかかるハードなトレーニングだけは避けましょう。

ダンベルなどのウエイトトレーニングも筋肉に負担がかかり過ぎます。

筋肉の材料になるタンパク質、ビタミンも不足気味になれば、トレーニング効果も半減しますから、疲労感をあまり感じない、心地よいトレーニングを意識しましょう。

 

ということから、おすすめ筋トレ3選となるのは「ウォーキング・サイクリング・ヨガ」など、負荷が軽めの運動になります。

期待できる効果としては、脂肪燃焼をはじめ、心肺機能の向上、高血圧予防です。

また、断食ダイエットプログラム中は水分不足になりがち、軽めの筋トレをしても汗をかくと脱水症状に陥る可能性もありますから、水分補給はこまめにしましょう。

参考:断食ダイエット中におすすめ3つの運動とやり方について

 

断食ダイエットプログラムをする人の多くが、運動をあまり好まない人です。

無理をしない筋トレが効率がよいでしょう。

断食ダイエットとはいってもデトックスを謳っています。

ちなみに、筋トレの効果を実感するには、そこそこの食事量が必要にはなります。

1日目に筋トレをしてから2日目に断食、3日目に筋トレと普通食、4日目に断食というように断食ダイエットをルーティーン化するのも一法です。

ウォーキングは、足幅を広めにとったり、腕をしっかり前後に振ったり、少し心拍数をあげるペースを意識しましょう。

脚、お腹が引き締まります。

サイクリングはエアロバイクと同様の効果があります。

太い筋肉が鍛えられることで、燃焼効果が期待できますし、サイクリングやウォーキングは景色を眺めながらなので、ストレスも軽減されますからおすすめです。

ヨガはひとつひとつのポーズを一定時間保つことや、呼吸法によって全身くまなく鍛えることができます。

家の中で、手軽に気軽に行えます。

腕、脚、体重を支えるようなポーズを組み合わせたり、ひねりなどもありますから全身が引き締まります。

 

MISATO

私が、ガチでおすすめのダイエットプログラム。

これまで失敗続きなら、

ぜひこの記事チェックしてみてください!

断食ダイエットプログラムの人気おすすめランキング7選

 

 

Write a comment